恒松酒造本店

無濾過へのこだわり

弊社の芋焼酎「王道楽土」は、無濾過の芋焼酎であります。しかし、無濾過の芋焼酎は、現在のところ大変数が少なく貴重な存在です。

その理由として

機械濾過をせず、冬場の寒冷期に手作業でフーゼル油をすくって除去しています。

フーゼル油とは主に脂肪酸ですが、これは焼酎の旨み成分でもあります。
従って、除去しすぎると旨みの薄い辛い焼酎になります。
手作業でフーゼル油を除去するには、小さい蔵の小さいタンクが最適です。ゆえに、大きいタンクでまとめて製造することができない焼酎なのです。

無濾過の芋焼酎は、原料の芋が少しでも傷んでいたり、鮮度が悪いと味にストレートに反映します。弊社はすぐ近くの農家と栽培契約を結び、すべて新鮮な朝掘り芋を使用しています。
その芋をひとつひとつ手作業でカットしていますので、傷んでいる芋を確実に除去できます。

よって雑味がなく、芋本来の純粋で自然な香りと甘さを引き出すことができるのです。新鮮な芋だけを使用できる環境の蔵だけが製造できる焼酎です。